組織概要

設立の目的

img_iyc_02

当センターは、青少年国際交流事業の実施や内閣府の青年国際交流事業への協力等を通じて、各分野において指導的な役割を果たしうる青少年を育成するとともに、これらの青少年による人的なネットワークの形成、青少年国際交流事業に関する情報提供、青少年の国際交流活動に対する支援等の事業を行い、もって青少年の国際交流の推進を図り、国際化の進展する時代にふさわしい青少年の育成に寄与することを目的として、平成6年4月21日に設立されました。そして、平成25年4月1日に一般財団法人に移行しました。

理事長あいさつ

グローバル社会での日本の役割と次世代の希望ある未来を考えたとき、多様性を尊重し広く世界に人的ネットワークを持つ国際性豊かな青年リーダーの育成はますます重要となっており、そのことが日本のソフトパワーを高め、地球の持続的発展と世界の平和に貢献することにつながると信じています。

青少年国際交流推進センターとしては、長年にわたり青少年の国際交流事業を通じて積み重ねてきた経験と、内外に気づいてきた人的ネットワークを活かして、様々な分野においてリーダーシップを発揮し社会的価値を創造できる青少年の育成に取り組み、世界をより良く変えていくために同じ志を持つ方々と一緒に一歩一歩前へ進んでいきたいと考えています。

理事長 駒形健一

事業の内容

  • 青少年国際交流事業の企画、実施及び協力
  • 青少年国際交流に関する啓発及び研修
  • 青少年国際交流に関する出版物の刊行
  • 青少年国際交流に関する情報収集及び調査研究
  • 青少年国際交流に関する支援、コンサルティング等
  • その他センターの目的を達するために必要な事業

日本青年国際交流機構(IYEO)との関係について

img_zenkoku_02

当センターは、内閣府事業等の既参加者の事後活動組織である日本青年国際交流機構(IYEO)と緊密に連携(都道府県組織を団体会員とし、本部役員を幹事推進委員、都道府県代表者を都道府県推進委員として委嘱)しつつ、国際交流や地域への貢献活動等の機会を提供し、リーダーシップのある青少年の育成を図っています。

JCNE ガバナンス認定

当センターは2023年8月から第三者評価である非営利組織評価センター( JCNE)によりベーシックガバナンス認定を受けています。

非ベーシックガバナンスチェック制度とは
営利組織の組織運営について、法令・定款に基づいた基本的なガバナンスが適切に行われているかを継続的に評価するものです。

PAGE TOP